本のある日記

本のある日記

日記・その時にあてはまる本・ことば・音楽。

寂しいの好きでしょ/三日遅れの

今年も手紙を書いた。今年はひとりだけ。17日 仕事再開。おかえり、おつかれさま。と、みんながあたたかく迎えてくれる。三日遅れのバレンタインチョコをくれる人もいたり、病気なのかと本気で心配してくれた人もいた。 昨日来たけどいなかったから、ともう…

夜だけうまく過ごせない

14日 バレンタイン。なのだが、実は自宅待機になってしまいリモートワーク。一昨年の五月ぶり、かなあ。パソコンの電源見つかる!安心。 カレーを作って昼も夜も食べる。 かつて書いていた小説をひらき、書き足したり新しいものを書いてみたりするが、うまく…

本は、ささめき合う。

12日 昨日からトラブルがあり、関係ないけど私物PCの電源を無くし、三連休の予定も無くなり、朝から泣く。 色々あって、抗原検査を受けてきたら?と言われる。薬局に事情を説明して検査をした。結果は陰性。大人しく過ごすことに変わりはないが、少しだけ気…

チョコレート週間

2/6 カレーのテイクアウトする。 そのあと、ドライブに出かけて空港でとびさってゆく飛行機をながめた。引っ越す前は空港が近かったから、飛行機の大きさに慣れていたのに、もうそんなスケールも忘れていたんだなって思った。たまごプリン買って帰って、夕方…

2月だけ遭う人

1/31 手紙とペンをもらう。こうしてお別れが始まっていくし、そんなに寒くない。今日をもって春がきました。2/1(たぶん) 「去年のあなたと今のあなたが重ならない」と職場の人に言われた。去年の今ごろの私は、言い方を選ばなければ躁状態だったらしい。 …

alto/日々電話

28日 残業したところで、作業の精度は落ちる。誰かが褒めてくれることもない。 大切な仕事を早めに終わらせて、さっと帰宅するのがいちばん賢いんだなー。 と、残業しながらため息をついた。そして現実逃避に島本理生を読んだ19時半。 〈だけど膨らみきった…

わたしが駒鳥

26日『「適応障害」ってどんな病気?』「適応障害」って、どんな病気?: 正しい理解と治療法 (心のお医者さんに聞いてみよう)大和出版Amazon職場にこの本があった。 それなら一番つらかった頃の私だって適応障害だったんだ。って思った。「死にたいって言った…

生きのびている

23日 昼前に起きる。何もしない。 お昼ごはんを作って、また昼寝して、夕ご飯を作って、お風呂に入って漫画を読んで音楽を聴いて過ごす。 外は雨だし出かけない。夕飯の買い物だけ。電話がかかってくるはずだったのだが、かかってこなくて、家族に送った連絡…

ブルーとピンク

永尾まりやが好きです。からだの線と、あの猫みたいな瞳が好き。永尾まりや写真集『ヤバい!まりや』永尾まりや 写真集 『 ヤバイ! まりや。 』ワニブックスAmazon可愛かったです。 この人はいつも、どうぞ!って感じ。 16日 チョコバッキー(アイス)のいち…

抵抗できない/望むものが得られない

12日 母の誕生日。何もできないけど… お腹が痛くて習い事はお休み。 連絡したい人に連絡するけど、かえって苦しくなった。のれんに腕押しというか、どう思っているかがわからない。近しい人ほど感情が見えなくなってしまう。13日 練習。寒すぎ。無理したくな…

逃げたくなったらここへ来て

10日 白草社でカレーを食べた。 カレーもチャイも美味しい、とても居心地のいい空間だった。 水色の壁がじぶんの部屋と同じ色で、こういう空間にしてみたい。 うだつの町並みを歩き、図書館を見た。静かで閉塞感のある素敵な場所だった。 家から遠すぎるわけ…

あげるのは好き

人にあげる本ほど楽しいものはなくて、人からもらった本ほど難しいものはない。9日 朝は練習。半日で終わってうれしい。 実家に寄って、その本をYOMSで売る。 ルヌガンガで親にあげる本を買ったが、渡すのに勇気がいりそう。本を手放すことにダメージをあま…

(けど)

3日 話を聞いてもらう。卒業アルバムを見て心を癒やした。 母とも仲直り。「何かいいことあったんやね、良かったね」と言われた。4日 仕事初め。年始の挨拶は苦手……けれど会う人たちはみんな優しく声をかけてくれる。 仕事は早めに終えて(時間休をとり)津…

口論

12/27 仕事納め、そのあと、買い物へ。28日 昼はカフェくぐりで、久しぶりに会う後輩の子とご飯。同じような悩みを抱えていて、近況報告しあった。どんな人でもそれぞれプレッシャーというものがあるらしい。 夜は友人と呪術廻戦を観た。その後、結婚祝いを…

そこそこ大変だった大賞2021

今年のまとめ、印象に残った本ベスト3も紹介します。1月 楽しくなる予感がした。それと同時に、対人関係において自分が感情をコントロールできない予感も抱いていた。2月 この人に私のすべてをつまびらかにひらけば、一体どうなるの。と思っていた。その対…

蝶々の夢

22日 実家へ。クリスマス3日前にして、見失っていたクリスマスツリーを見つける!23日 クリスマスツリー出す。夜は習い事のクリスマス会。24日 職場で小さなクリスマス会。 夜はケーキとピザ。ピザ屋さん、戦場だった。25日 朝から練習。久しぶりにお会いし…

君を見つめる裏返し

結局、手紙は書けなかった。言葉にしようと思うと息が詰まる。 私は何を伝えたいのだろう。自分が可哀想だということを知らせたいわけではないのだ。21日 仕事が終わらない。 誰よりも「それ」に向き合っているはずなのに、「それ」について紹介しようと思う…

自分で自分を

17日 職場の人とのご飯会がある。すごく楽しかったけど、なぜか後から落ち込んだ。人といるの好きだけど、人といるときの自分が打算的で、嫌になるのだと思う。 結婚は勢いで、勢いがないのなら結婚もない。と先輩が言っていた。それもなぜか落ち込んだ。18…

g2g/今ではこれほど

他者に対する感情が、時間の経過とともにだんだん大きくなっていって、重たくて落として泣いてしまうようなことが多々ある。なんでもなかった頃の私に戻りたい。12月6日〜10日 出張などでばたばた。 戻ってきてすぐ人に会いたくなる。11日 習い事の行事の準…

何かひとつはいいことあるよ

4日 仕事がつらい。職場のおじちゃんが串カツにつれてってくれる。5日 徳島へ遊びに行く。たべっ子どうぶつのポップアップストア可愛かった。楽しかったのに、翌週に大きな仕事が重なっていることや、仕事のごたごたで非難されたことなどを考えて、日曜の夜…

傷口

〈思い出す度にそれだけ泣かなくてはならないということは 悲しい思い出なのではなく ただの傷なんです/少しの間…その傷を治す事だけを考えましょう〉(かずはじめ『MIND ASSASSIN(4)』収録「異国の雪降る街」より引用)MIND ASSASSIN 4 (ジャンプコミッ…

多感

an.anの占いのページみたら、「とにかく寝ろ。部屋は汚いままでもいいから寝ろ。」みたいなことが書いてあった。23日 朝、練習(見るだけ)。 目的地に向かいながら泣く。忙しい。 心に余裕がない、本当は好きなときに好きなことだけしていたいのに、しなけ…

バランスの取れた理系

15日 食事会にサプライズで来ますか?と言ってもらう。去年もこんなことあったなー。 とても、目をそらさずに話す人。19日 仕事がうまく行かなくて、冬。 心を鎮めるためにGLAYのWinter,againをえんえん口ずさむ。いつかふーたーりでーゆきーたいねーー 上司…

サバイバル

11日 体のバイオリズムが崩れている。私、大丈夫かな? ストレスがだいぶ溜まっているのかも。 自分だけの練習(他人の指導をしないということ)をする。自分だけの練習が一番苦しくてつまらない。苦手なのだ。12日 朝、学生時代の友人から結婚の報告が届い…

大きな子ども

5日 やっと待ち人が来る。からあげ食べる。おいしい。6日 この日は一日、習い事。途中、小学生だと思われていたらしい。ラーメン食べて帰る。7日 朝は仕事。街を散策。こっそり公園で遊ぶ。 昼からはカレーを食べて買い物など。私がよく、ひよこのラインスタ…

十年目のジンクス/他人じゃなくなりたい

「私の所望(のぞみ)はね 貴方に可愛がってもらいたいの」/「何 内君(おかみさん)にしてくれと言っているんじゃない/唯 他人らしくなく/生涯親類のように暮らしたいというんでさね」(泉鏡花原作:中島千晴漫画『義血侠血』より引用/台詞は漫画版より…

はがれる

26日 仕事のあとタリーズで、22時まで作業。27日 練習。ハロウィンのお菓子をいただいた。28日 海を見る。波打ち際っていいよね。海岸でフォトウエディングをしているふたりがいて、すてきだった。 シュークリームを買って帰る。 夜は練習。練習のあと連絡が…

3週間と1日

22日 女の子が、「わたしはもう3週間と1日待った」と言っていた。たしかになあ、と思う。 私も3週間と1日くらい同じくらい待って落ち込んでいる。だから天真爛漫な彼女は偉い。昨日より元気だけど、ある一言で一瞬、過去に戻ってしまう。忘れたつもりでも忘…

灰色の雲に溺れて気絶するような夕方

〈桃色の炭酸水を頭からかぶって死んだような初恋〉(田丸まひる の短歌)田丸まひる『硝子のボレット』硝子のボレット (新鋭短歌シリーズ14)作者:田丸 まひる書肆侃侃房Amazon昔、本屋さんのワークショップで短歌をつくろうというのがあり、そこで田丸さん…

レベル3/秋薔薇

風が寒いから長袖のブラウスを久しぶりにクローゼットから出して、スタバのコーヒーを飲んで、大学で講義を受けて、お昼は秋晴れのキャンパスのベンチでぼんやり本を読んで、午後は教室で新美南吉の『おぢいさんのランプ』の映像を眺めながら、物語は〈欠陥…