本のある日記

本のある日記

日記・その時にあてはまる本・ことば・音楽。

野蛮になりたい

今日は朝、時間休をもらって、花の六時間勤務。たいへんたいへん楽でした。中高生の頃は四時間目から学校に行くような奴だったし。

もうこういう生活にしようか、夜はバイトして。髪の毛にピンク入れて。
仕事のことが頭にあるのか何なのか、最近昔の職場で働く夢を見る……違うの……そのときには戻らないぞ……。
こんこんと、仕事のことを誰かに聞いてほしい。

出勤してすぐ、ひとりの人と話す。仕事に行きたくないって毎朝思うらしい。厳しいイメージの方だったから意外に感じるが、それだけ激務なのだ。

先輩から、きのうの服装ほめられる。きのうは短めのスカートだった。今日の服装については、そんな靴下だめ!と言われる。もっと若くて可愛い服を着なさい!とも。
未熟だし甘いし若いけど、でも本当に若い子と一緒にいると全然若くない。若いと若くないのはざまにいる。


〈現代文明のなかで便利な生活に飼いならされていると野生をなくします。生きるために、からだの野生感覚を呼びさますひつようがあると感じます。〉

(『うかたま vol.59』連載「早川ユミのちくちくしごと」より引用)

『うかたま 2020 vol.59』

うかたま 2020年 07 月号 [雑誌]

うかたま 2020年 07 月号 [雑誌]

  • 発売日: 2020/06/05
  • メディア: 雑誌


絵日記シャツの作り方がすてきだった!
うかたまの表紙は毎回よくて、撮影している人とデザインしている人にそれぞれ金一封あげたい。

四月五月のころは、野蛮さが自分のなかでのテーマだった。最近はだいぶ大人しく過ごしている。まわりも静か。野生が足りない。


ああなぜ今日は元気なのかと思うと、久しぶりにお話できたからか。
あしたはおはぎを買いたい。