本のある日記

本のある日記

日記・その時にあてはまる本・ことば・音楽。

いちご紅茶で緑茶にココア

2月21日

年下の子とランチする。出会ってから初めて一緒にご飯を食べに行って、少しだけプライベートな話もした。カフェは静かで外は雨で居心地が良かった。

苺の紅茶を頼んでみる。とても美味しかった(そして可愛かった)。

午後から会議があるので急いでお茶を飲み、急いで帰った。「こんなスピードで飲むものじゃないですよね」と笑った。

会が始まる前に隣の席になった人と少しだけうにゃうにゃ話して、なんだか良い日になったなって嬉しかった。

持ち場を離れて色々仕事をする。濃いめの緑茶をみんなで飲んだ。

仕事場に戻ると年下の子(カフェに行った人とは別)からココアの缶を手渡された。

「これを渡してと言われました」

先輩が置いていってくれたらしい。缶はまだ温かくて、さっきのことだったのか、その子の手の温度だったのか、どちらにせよありがたかった。

夜は夫がハンバーグを作ってくれる。私より料理が上手。

 

22日

誰かのことを気にすることがあまり無い日だった。こんな風にいつもうまくバランスとっていきたいのだけど。

 

23日

天皇誕生日天皇陛下が64歳ということは、有栖川有栖の作品に出てくるアリスや火村も64歳……?と考えながら目を覚ました。皇太子と同い年という記述があったと記憶している。そっか、『46番目の密室』では32歳だったのか。今の私と同じ……というか、私もアリスたちの年齢に追いついていたのだな。

スパイスカレーが食べたくて、久しぶりのヤンフーへ。開店前から待っていたがあっという間に席が埋まった。ダルカレー美味しかった。ヤンフーは何か好き。高松は素敵な店がけっこうたくさんあって嬉しくなる。

 

待つ合間に、碇雪恵『35歳からの反抗期入門』を読んだ。

ちなみに私が誰かに「仲良くなりたい」と伝える時はだいたい欲にまみれている。それを自覚しているから、あまり簡単にはそのカードを切らない。

(碇雪恵『35歳からの反抗期入門』収録「STOP神格化2022」より引用)

表紙がとても可愛い。

先日半分まで読んでいて、そのときはあまり乗り切れなかったけど今日はみるみる読めた。『花束みたいな恋をした』に大ダメージをくらっているのが面白かった。

(花束のところで)麦が就職後にそれまで愛していたサブカルから遠ざかってしまうくだりに言及していた。私は働きだしてから急に本が読めなくなって、本の世界のことが突然遠い別世界のように自分から離れていった経験があるので、なんとなくわかる気がする。

この映画におけるサブカルは、自分が現実世界の道具になってしまったことのメタファーなのだとも思う。(なんか花束の話になってしまった。)

人の日記を読むと、自分も日記書こうという気持ちになる。こつこつ書きたい。心が動くたび、それを残したい。

 

植本一子さんの『こころはひとりぼっち』から始まり、『ウィークリーウエモト』/『35歳からの反抗期入門』/『サッド・バケーション』の三作を買った。繋がっていないようで、どこか繋がる読書のような気がするし、なんか良いと思う。本で本に導かれて本を手にする。

 

ヤンフーの階段を上がる後ろ足。色合いが可愛いなと思って残しておきたくなった。

 

ヤンフーを出て、ルヌガンガをさっと覗く。本屋大賞候補作がさらりと置かれているが、決して本屋大賞にこだわらない並べ方してて格好いいなと思った。私が店主なら、本屋大賞候補作を店頭に持ってきてしまうだろう。面白そうな本は色々あったが、今日は何も買わなかった。

ヨムスも行きたかったけど、忙しそうだったのでまた今度。

 

職場の人から教えてもらったパン屋「不二ベーカリーレトロ」へ行ってみる。建物がすごいんだ。路地裏に突如巨大建造物が現れるの。

そのあといくつか買い物をして帰宅。

最近夫婦で『めだかボックス』を読んでいる。『グッドルーザー球磨川』って、もしかしてホワイダニットなんじゃ……と思って、その話はまた今度。

 

今日聴いていた歌。

ガーデン

ガーデン

  • 藤井 風
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

今週のお題「習慣にしたいこと・していること」

最中

「どうして、こんな事に、なっちゃったのかな……。あたしが、何かしちゃったのかな……。そういう事にならないようにって、いっつもあたし気をつけてたのに……。」

(アニメ『serial experiments lain』「layer:10 LOVE」より)

うまくいかないことが起きると、この台詞を思い出す。

 

2月19日

人の仕事を手伝っていたら「天国喫茶ぱらいそ」のケーキをくれた。紅茶のベイクドチーズケーキ美味しかった。

しかし、ケーキを食べたあと物凄くナイーブになる。疲れているのかな。

 

20日

新居で暮らしていて、職場の人が家の外で野宿していたという夢を見た。新居は二階建てで、道に面していた。あと、「アルプス一万尺」の振り付けが途中から思い出せなくなる夢。気になって調べたら、思い出せなくなった動きで終わり、それを繰り返すということを思い出した。こうやってだんだん色んなことを忘れていくのだろうか。

残業が続く。先輩が帰りしなに最中をくれた。困ったときに食べようと思う。

帰宅すると夫の表情が張りつめていて、何かあったの?と聞くと、何故かわからないけど気持ちが落ち込んでいるのだという。彼は昨日から元気がない。仕事で悩んでいるのだと思う、私も原因なのかもしれない。

仕事、気にかかっているものが一つ終わり、もう一つも明日終わらせる予定。けどまだそれでももう一個ある。

 

望むことが近くにあったような気がしてやっぱり全然近くないことを思い知って、むしろ遠ざかったかもしれないけどそんなことまで考えたくなくて、何でこんなことになっちゃったんだろう………と近頃たまに思う。全然絶望してないよ。でも、悲しくはある。

私じゃなければ何にだってポジティブになれる。自分の能力、自分の魅力、他者との関係。けどそれが自分のことであると自覚した途端にすべてがわからなくなる。自分について否定的だし、否定したくないほど肯定的。

遠ざかったんじゃなくて私が遠ざけてしまったのかも、掴めそうだったいろいろなことを。全然、絶望してないし、未来はこれからなのだけど。これでよかったのかなって思ったりもするよ。

まだ様々なことの真っ只中で、最中で、すべてが終わった(やっぱり駄目だった)ときにきっともう一度愕然として、絶望するんだ。

 

ドライブ/梅をみに行く日

2月16日

職場のあれこれで先輩と買い出しに行くことになり、すきま時間にドライブ。

仕事が詰んでいて、そして私の中のもやもやも積み重なっていて、家にはなんの理由もないのに帰宅したくない……残業しても成果は出ない。

先輩が偶然私の仕事場にやってきたので、なんとなく考えていることを聞いてもらう。どう思いますか?と尋ねると、

「答えを出したいの?」

みたいな言葉を返された。確かに、答えはまだ出なくてもいいのかもしれない。

それよりも、心の中で思いつめていたことを言葉に出してしまうと、全部が矮小な、どうでもいいようなことに思える。そして、全部が違うような、嘘のようなものになってしまったみたいな気がして、そっちのほうがけっこう痛かった。言葉にすると壊れてしまったけど、言葉にしたからわかってしまった、そんな感じ。

夫はだいぶ元気になっていた。よかった。

 

17日

午前中、習い事に行ったあと、帰宅して昼食。ずっとベッドにいた夫も数日ぶりに活動を再開。昼食後、何かを盛られたかのように眠くなって夕方まで寝てしまった。

夫は、夕飯時には固形物を食べられるまで回復。

夜、考えごとをしていると自分ってどうかしているのではないかと思えてきた。そして夜更かしした。

 

18日

午前はのんびりして、夫と一緒にたまっていた家事など終わらせる。することもできることも特にないから梅でも見に行こうよ。と誘って公渕公園へ。陽射しが春。

梅は満開。夫は白、私はピンクが好み。

30分程度散歩したらずいぶん気持ちがすっきりした。昨夜思いつめていたことも緩和され、インターバルをはさむ大切さを知る。

夫は胃腸の調子を崩しており、バレンタインに買っていた生チョコを食べることができなかったので、バレンタインをやり直そうということでシュー小屋へ行きシュークリームを買う。私は帰りにスタバへ。さくらフレーバーは毎年必ず飲むようにしている。ちょっと甘すぎたけど満足。

『光る君へ』を観ながら仕事を少しだけ。

光る君へは、『ざ・ちぇんじ!』みたいに少女小説か漫画にしてほしい。

 

夜、『明日、私は誰かのカノジョ』の最終巻を読んだ。………名作だった……。コロナ禍もホストの売掛も終わりそうな2024年に連載が終わったのが良いと思う。

(ネタバレは画像の下に少しだけ……)

 

 

 

 

16巻まで読んだあと、これどうなんねん。という気持ちだったが、案外あっさり、そして前向きに終わった。太陽かわいそうだけど……。

ゆあてゃ生きてて良かったし、なんやかんやみんな生きてて良かったわ。

 

 

粉々

2/13

バレンタインのチョコレートなど買いに行く。明日に大事な案件があって気が張りつめているのを自分でも感じる。

夜、バレンタインチョコを渡す。「明日食べるね」と冷蔵庫にしまわれた。そして……。

 

14日

書店で働く夢を見た。またこの夢か……まただめだった……そう思って、過去の記憶を写真にして鋏でびりびりに切り裂く夢だった。

そんなうたた寝から起きると、夫は体調が悪いらしい。私も時間休を取り病院へ連れて行く(一人では無理そうだったので)。薬を処方してもらい、眠る夫を置いて仕事へ。

仕事は色々うまく行かないことがあってたいへん落ち込む。しかし、一番心配だったことはつつがなく終われてほっとした。

案件が終わったあと、同僚と先輩と残って少し話をしたのが楽しかった。

 

15日

心が粉々になって泣ければ楽になるかもしれないとか、こんなに思考することがあるのに何も残せないまま日が過ぎるなとか、思う。1日遅れのチョコレートをいくつかいただいた。

職場の人に車を出してもらい、備品の買い物へ。美味しいパン屋と花屋の話をする。

「あの花屋で花を買って、夫に渡しました。私がまだ頑張っていたころ……」

と話すと

「頑張り度合いのギャップがあると、のちのち揉め事の遠因になるから気をつけて」

とアドバイスされた。

「もうすぐ春が来るね」とその人が言っていた。春は好きだけど、人事が春に変わるからちょっと苦しい季節でもある。春が来てしまう。

 

夫は少しずつ元気になっている。チョコレートを食べられる元気さはまだなくて、ずっと冷蔵庫にある。

家で残りの仕事をするつもりが寝てしまった。

 

夢を見た。何年も前の、バレンタインデーにまつわる夢だった。

 

最近聴く好きな歌 めちゃ良いやん!

 

言葉にするのも 形にするのも/

そのどれもが覚束なくって/

ただ目を見つめた/

するとあなたはふっと優しく笑ったんだ/

嗄れた心も さざめく秘密も/

気がつけば粉々になって/

刹那の間に 痛みに似た恋が体を走ったんだ

(米津玄師『春雷』より引用)

 

春雷

春雷

  • 米津玄師
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

必要な足踏み・吊り橋効果

誰かと関わるということは、必要な足踏みをするということなのかもしれない。

ひとりで過ごすときより多く、行動と心のブレーキがかかる。とどまる、でもそれはあなた(たち)と関わるうえで必要な足踏み。

 

2月10日

朝は練習。のんびりして夕方から街へ。餃子を食べたくて餃子のある飲み屋へ。若い人向けの店でにぎわっており、落ち着かなかった。

会計のときに目の前に居た女性たちの装いがきらきらして見えて、いまの自分にはこういうことが足りないんだ……と思い、丸亀町でなんとなしにお店へ寄る。そこで可愛いものをたくさん見て、癒やされる。

帰りに書店へ寄ると、職場の人に遭遇して少し話した。

長いあいだ本棚を眺めた。書店はいいなあ。面白そうな本がたくさんある。まだ知らぬ本は輝いて見えるものなのかもしれない。でもこんな風に、大衆には売れなさそうなものでも置いてある、なんでも置いてある本屋って大切だと思う。そういう空間からインスピレーションが生まれる。

ビジネスの本もいくつか見てみた。仕事に活かしたい。

 

11日

モーニング食べに行きたいね、ということで、前から気になっていた「はりゅう珈琲」へ。雰囲気もよくモーニングメニューも素敵だった。

せっかくだから遠出しようかと徳島へ車を走らせた。道の駅「くるくるなると」へ行くとたいへんな人出で、鳴門って今はこんなに熱い場所なのか……とショックを受けた。人の多さに心が折れ、屋上で少し遊んで退散。

徳島の山中にある「月ヶ谷温泉」なるところへ向かうことに。道中、梅が咲いていたりして春を感じた。到着後は吊り橋を渡ったり、散歩したり温泉に入ったり。

帰宅して『光る君へ』を観る。ついにウイカ納言登場。番組の終わりに枕草子が紹介されていたが、清少納言は今読んでも文章が読みやすく、上手いなって思った。伝わりやすいというか。漢文の会は観ていて楽しかったが全部、原文も知りたかった。道長もついに文を出した。文っていいよね、会話よりそれっぽくできるから。歌っていいよね……。

私も国文学生に戻りたい(毎週これ思う)。

 

12日

連休最終日は、何をしていいのか迷う。

こんなことしてていいのかなと思ったり、こんなときだから逃してはいけないと焦ったり。

「spice U up」へカレーを食べに行く。「nikai」だったころに行ったきり、久しぶりだし移転後は初めてだった。

今は、読書。現実モードにもどりながら。

 

好きだし、得意だし、社会に求められている、その3つがベン図みたいに重なり合っていると、ワクワクする。

(嶋野裕介/尾上永晃『なぜウチより、あの店が知られているのか? ちいさなお店のブランド学』収録 コーラ小林さんのインタビューより引用)

ビジネスの勉強がしたくなって読みました。主にSNS戦略と、コンセプトづくりについて。

不純喫茶ドープ気になるな。

本屋が面白そうって書いていたのが本屋好きとしては嬉しかった。

 

誰かが語った人気の理由はあなたの武器になりづらい。自分の体験を通じて語れるようになりましょう。

(同書より)

 

伝えられる人になりたいね!