本のある日記

本のある日記

日記・その時にあてはまる本・ことば・音楽。

今日で終わりだね。

ずっと使っていた電話も日常も、こんな、なし崩し的に、変わっていってしまうのか。それでいいのかな。でも惜しもうにも感謝をまとめようにも、とても時間が足りないの。

 

17日

スマホを機種変する!新しいスマホはミドリ色。すべり込みセーフ。ハート型のイヤフォンも買ってしまった……。

 

18日

なんだか眠たくて、コンビニで仮眠した。

昼からお休みをもらい、がん検診など。

検診に行った先で、お世話になった方々と再会した。最近のことなど話せた。職域の検診だったのだが、子宮頸がん検診だけはかかりつけのクリニックで受けてね〜と言われて受けられなかった。

そのあとすぐクリニックを予約。いつもと違うお医者さんだったのだが、最近検査結果も悪くないし、このまま予後が良さそうなら年一の検査にしてもいいかもね〜と言ってくれて、ちょっと嬉しい。受付の人もいつもより優しくて、嬉しい。病院にいるときの自分は少し不安なのだと思う。結果がいいことを願うばかり。

夜は練習。思いがけない悪いニュースを聞いてしまう。なぜ完璧な平和の時期は来ないのだろう?

 

19日

夜は練習。

 

20日

いろんな人にいろんな報告をする日〜自分のことを話すのは気が重い。でも温かく聞いてくれて嬉しい。

ずっと(普通のやりとりを)会話してみたかった人がいて、今日たまたま出くわす場面があった。

ごく短い時間だったけど二人で話すことができて、言いたいことも言えて、私としては良かった。

「本を読みながら、あなたのことを思い出しました」と言えたのも良かったし、全然別の話題で「自分もそういうのが良いです」という言葉を聞けたのも良かった。

少しだけど、ようやく本当の自分としてあなたと会話ができて嬉しかった。

 

21日

朝、練習。内容はいまいち。最近仕事でも習い事でも、年下の子らの扱いに悩む。迷走中。

終わったあと、先生に少しあいさつできて良かった。

昼からは海に行ったり花を買ったりする。カトルカールも行く。幸せを噛みしめる。いまは、私の人生においては私が主役で、私のためだけに生きられる時期。私が私として一番幸せでいられる時間。この時間がいつまでも続いて、このままの私でいられたらいいのに。

もう終わりだね。

 

 

高瀬隼子『おいしいごはんが食べられますように』

狭いオフィスでの、狭い人間関係を描いた本。

『推し、燃ゆ』が「推し」という現代文化を反映させた作品だとすると、この作中で反映されている世相は「タイパ」かな?

長い時間をかけて作ったご飯が一瞬で消えてしまうこと、誰に合わせるわけでもなく自分の食べたいものを食べたときにようやく中枢が満たされること。

かゆいところに手が届くわかりやすさ、そして下衆さ。嫌すぎず、幸せすぎず、長すぎず。私たちの望む範囲内での理想のカタルシス。だった。

二谷が年の割に幼い気もしたが、まあそんなものなのかな。かわいそうなものほど可愛いと思うのはたちが悪いよね。私もそういうケがあるが……。

 

そういえばあの人も、二谷と同い年なんだなぁ。

 

生まれてはじめて水浸しになる

なんとなく気持ちが落ち着かない。まだしばらくはこのままで。

短歌とかよみたいな。人の作ったものを見るたびそう思う。

胸がしびれるような感情が久しくなくて。絶対にそのほうがいいのだけれど、ねじれた孤独も重たい恋もいつか詠えなくなるのだろうか? と、ひそかに恐れる気持ちがある。

 

10日

することが多くて色々試みるけれど、いまいちパッとしなかった。結果の出ない日。

 

11日

夜、練習。年賀状の返信がきた。

 

12日

夜は練習。子どもの対応って難しいね。

 

13日

夜、近所のお好み焼き屋へ。めちゃ美味しかった。なぜもっと早く行かなかったのだろう。

何となく不安な気持ちに襲われる。

 

14日

仕事。合間に読書。

帰りに髪を切った。読んでいた『an.an』に上野千鶴子さんの記事が載っていて、学生運動をしていた頃のエピソードに衝撃を受けた。(類似する内容は検索するとたくさん出てくる)

ママ向けの雑誌も読んでみたり。昔はとても遠いものだと思っていたけれど、年齢を重ねた今では、掲載されている人たちは皆同世代だし、何もかもが分からないわけでも、ない。

夜はグッドネイバーズコーヒーで夜カフェTSUTAYAにも行った。明日を気にせず夜更かしするのは楽しかった。

 

15日

移動などで一日中どたばたしていた。洗濯機の蛇口を締め間違えて、ものすごい水鉄砲を浴びた。

三日間……、という言葉があって、変わったなあと思ったのだった。

 

16日

半休とって、午後仕事。午前中休んでしまうともう行きたくないの気持ちになってくる。午後は早かった。

 

麻雀が出てくる物語って素敵なことが多いよね。まあ、『アクロイド殺し』くらいしか知らないのですが。

 

伊坂幸太郎『砂漠』

職場の人がおすすめしてくれて読んだ本。話の七割、麻雀していた。

春夏秋冬で大学生活が進んでいって、夏から少しシリアスになる。(しかし鬱蒼とした苦しみは少ないのが良い)

「春」が一番好きだなー。鳩麦さんいい女だなー。東堂は昔の柴咲コウで再生されるなー。

この本を教えてくれた人が食事会のときに「豪放磊落」というお酒をずっと飲んでいて、「豪放磊落!っていう響きが何かいいよね」と語っていた。

その後、この本を読んでいたら「豪放磊落」という言葉が作中に登場して、ひとり、おおーとなったのだった。(そういう意図があってお酒を飲んでいたわけではないらしいのだが)

 

 

よんだ歌

〈ふたりだと笑って生きる気がしつつ生まれてはじめて水浸しになる〉

 

だんだんダウナー

1/6

職場の人と食事会。なんだかみなさんの知らない一面も知れて良かった。JC・JK流行語大賞のクイズをした。Y2Kファッションを世紀末ファッションと答えた人、ちいかわをすみっコぐらしと答えた人にほっこりした。

 

7日

朝は習い事の練習。昼からはこまごまとした作業。マックを食べて(昼)、ほか弁の高菜弁当(夜)。

体調とリンクして、だんだんダウナーな心持ちになってくる。こうなると何を言われても悲しいし、何を思っても悲しい。そういうシステムに身体が切り替わっているとしか、言いようがない気がする。自制したいのだが……。

 

8日

今日はリフレッシュ、そして自分のことをしよう。ということで、クリーニングを持っていく、アンデルセンでご飯を食べる。片付け、などした。

ネイビーのズボンを履いていたのだが、なんとなくネイビーは可愛かった。私、そんなに好きな色では無かったのだが、今の気分に合っていた。

夕方から体調がまた悪くなってきて、帰ってぐっすり寝た。夕寝したので夜が眠れない。そしてダウナー。

ダウナーな気持ちなので、the brilliant greenの歌を聴いていた。トミーのけだるげな声がダウナーな気持ちに効くの。

 

長いため息のように

長いため息のように

  • provided courtesy of iTunes

 

 

〈確かなものなんて なんにもないのかもしれない/いくら乗り越えても カベはずーっとあるんだ …それだけはわかる〉

小花美穂こどものおもちゃ』10巻より)

 

 

片付けしながら読んでいた。最後のほうダウナーだとは思ってたけど、読み返すと思っていた三倍ダウナーだった。

でも今は紗南ちゃんの気持ちが、幼い頃とはまた違った点でわかる。

壊れない関係がほしいけど、関係が深くなればなるほど、壊れることへの恐れが増えるし、どんな関係を作っても、それは他人と自分との絆が壊れないという確証には直結しない。約束さえすればずっと平和に一緒にいられるわけではなく、関係ができてからも確証を持つには長い時間がかかる(長い時間をかけて作っていく)、ということに、寂しがりな人はたぶん絶望するよね。安心が簡単に得られないから。

 

 

185

テンションの差が激しくて、話しかけると0か100の人がいる。(おそらく)意地悪なのではなく、冷めてるときは冷めてるし、話すときはものすごく話すみたいな人なのだと思う。

その人のことについて、共通の友人とこんなことを話したことがある。

わたし「今日、私が話しかけたらマイナス2℃くらいの対応でした」

友人「私はこの前、120くらいでした」

とにかく、二面性を持つ方である。

 

今日は185だった。

「あ け ま し て……おめでとうございます!」から始まり、

「何か楽しいことありましたか?年末年始」という質問まであった。(普段は、話しかけてはいけないみたいな時もある)

しかし面白いことも言えず、「年賀状が激減して悲しかったです」くらいしか話すことのできない私なので、ちょっと自己嫌悪した。突然だったので動揺した。

そして「年賀状書くんですか!?」と驚かれた。いま、書いててもつまんないと思うこのやりとり(私が)。

 

それはさておき、とりあえず別件の懸念事項がひとつ片付いて良かった。

夕日をバックに、先輩に話を聞いてもらうこともできた。年末年始の休みは人の心に余裕をもたらす。余裕は優しさ。

 

なんか全然、本の話がなくてすみません。本はいつも触っているんだけど、家でも職場の休憩時間でも。

 

夜勤/最後のお正月

12/31

朝、もろもろ作業や片付け。洗車しようと思って立ち寄ったガソリンスタンドで、「タイヤパンクしてますよ」と指摘してもらう。洗車はあきらめてオートバックスへ。タイヤに釘が刺さっており、交換。¥8,500飛んでゆく。ひえー!

その後、両親を迎えに行き、ジョイフルで遅めの昼食。買い物などして家へ戻り、久しぶりに家族でのんびり過ごす。テレビはずっと紅白を見ていた。橋本環奈ものすごく可愛い。その後、ジャニーズカウコンでセクゾの歌唱を見て胸が熱くなった。RUN、いい歌だった。

 

1/1

母が伯母(母の姉)に電話をかけて、うちに来てもらうことに。

伯母が来るまでのあいだ、初詣。おみくじは末吉。

午後、伯母が来る。伯母はなんだかとても、我が家の家族となじんでいるように思う。繕わない関係性というか。血の繋がりのない私の父とも自然な雰囲気。

格付けなど見ていた気がする。この朝見た夢は学校の夢。

 

2日

習い事の夢で目が覚める。

父は仕事のため一足先に別れた。

母と私の部屋で、お茶した。その後、人を迎えに行く。

我が家でお茶と、カレーを食べた。

 

3日

母と一緒にマクドナルド、家の片付け。祖母から12歳ごろの私に当てられた手紙が発掘された。読んで大号泣。母、私の泣き顔を見てびっくりする。

「お手紙ありがとう ばあさんうれしかったです」(この書き出しだけで涙)

「今日はこれでペンを置こうと思います」と手紙はしめくくられていた。おばあちゃんかっこいい。

また、従姉妹と電話した。数年ぶりの会話だった。

 

4日

早朝、母を送る。全然眠れなかったので、帰ってから6時間眠る。夜勤の気持ち。その後、習い事へ。頭が回らない。夜は人の手伝い。

明日から仕事始め。

やることが多すぎて……世界に身体がついていかない。